© 2017 刑法性犯罪変えよう!プロジェクト

May 17, 2017

4月25日、部活やサークルの新歓用に作られた立て看板が印象的な東京大学駒場キャンパスで、ちゃぶ台返し女子アクションの協力のもと、東大生有志が「これからの「性」のあり方を考えよう 〜性における「暴力」とは〜」を開催しました。

2016年5月、東大生5人が女子大学生に対する強制わいせつ容疑で逮捕される大変痛ましい事件が起こりました。「あの事件は東大生の中でも特殊な人が起こしたものであって、自分と性暴力は関係ない」、そんな考えが東大生にも見られることに感じた違和感が、今回のイベントを企画する原動力となりました。

基本的には学部1・2年生が在籍する駒場キャンパスでの開催にもかかわらず、学部1・2年生はもちろんこと、修士1年生にいたるまで、幅広い学年から男女問わず20名近くの方に参加していただきました。

知的好奇心の強い東大生向けに内容をアレンジし、刑法の性犯罪に関する規定の改正にまつわる論点や、日本における性暴力の実態・精神的負担などを紹介する「知識」のインプッ...

March 26, 2017

3月25日、「パートナーシップにおける「同意」ってなに?〜お互いを尊重する性のあり方を考える」を開催しました!

良い天気の中、土曜日にも限らず約20名の方々が参加してくださいました。

ワークショップでは、同意が無いシナリオをロール・プレイしたり、その後にそのシナリオを同意があるものに皆で変えたりとインタラクティブな場面もありつつ、同意とは何なのか、性暴力とは何なのかについてのプチ・講演も行われました。

当ワークショップは試行錯誤を続け、改善していく予定です。そのために会場の皆さんから改善点や良かった点等のアイディアを集ったところ、たくさんのご意見をいただきました。

そして、参加してくださった男性の方から、以下のような素敵な感想をいただきました。

2017年3月25日(土) 汐留ビルディングにて上記のイベントに参加しました。
今回は「パートナーシップにおける「同意」」を具体的に、深く、ワークショップを通して学びました。

海外の取り組みの一つとして、イギ...

February 22, 2017

2月18日(土)に、「イヤよイヤよも好きのうち」って本当?〜同意について考えよう〜ワークショップを開催しました。

本ワークショップは米国や英国の大学で提供されているConsent Workshop(同意ワークショップ)を元に設計したのもので、日本では初めての開催でした。

性関係やパートナーシップにおける同意ってなに?なぜ重要なの?同意を尊重するということは、実際どういうことなんだろう?などの問いに向き合う2時間となりました。

まずはシナリオに基づいた「同意」についてディスカッション。いくつかの身近なシナリオをもとに、その場面では同意は尊重されていたか?それぞれの登場人物がどのような気持ちであったと思うか?の問いをグループごとで議論しました。こういうシナリオって実際にあるよね、と各テーブルで大盛り上がり。

次に、同意を表すキーワード、同意ではないキーワードを各グループが話し合い、それぞれが「同意の定義」を考えました。「段階毎・状況毎で確認をすること!」「お互...

February 19, 2017

明治大学 情報コミュニケーション学部の堀口准教授から依頼され、1月11日(水)に明治大学和泉キャンパスで授業を行いました! 話を聞いてくれたのは明治大学法学部の主に1,2年生です。

前半40分では、「性暴力と刑法を考える当事者の会」が今の刑法は100年以上前の明治40年に作られたものでほとんど改正されおらず、今100年越しに刑法が改正されるチャンスがあることを説明しました。また、過去の事件を4例紹介し、法務委員会の改正案では被害者を守れるようになる事件もあれば、まだ守れない事件もあり、私たちの活動の必要性について、お話しました。

後半の30分では「ちゃぶ台返し女子アクション」が今の刑法の解説や、オンライン&街頭アンケートの結果を発表しました。アンケートは、夫婦間や親子間、上司と部下など立場を利用して、性行為を強要したもので、性暴力だと思うものについてすべて○をつけるというものです。結果は、この状況を性暴力だと判断する人がほとんどでしたが、現法では「強姦...

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now