© 2017 刑法性犯罪変えよう!プロジェクト

Please reload

ソーシャルメディア

June 25, 2017

パートナーシップや性における同意ついて考えるビリーブ・カフェ、好評につき、第四弾を開催します!

6/16(金)、性犯罪を規定する刑法が、110年ぶりに根本的に改正されました。被害者当事者をはじめとする多くの市民の悲願が結実し、希望の光が差した歴史的瞬間でした!
しかし、問題点は残っています。それは、性犯罪は意思に反して行われる性的な行為にも関わらず、「同意」という概念が含まれていないことです。

また、最近の数々の性暴力事件の報道において、加害者が「同意があると思った」という言葉を耳にすることも少なくないです。

さらに、NHKが...

June 20, 2017

当プロジェクト構成団体の1つ「NPO法人しあわせなみだ」のブログ・メールマガジンより(引用・加筆)

6月16日の参議院本会議で、刑法性犯罪改正案が可決成立しました!

6月23日に公布、7月13日より施行される見通しです。

性犯罪で「親告罪」規定を撤廃…改正刑法が成立@読売オンライン
 


同日午前に行われた参議院法務委員会では、当プロジェクトメンバーの性虐待経験者である山本潤が参考人招致され、性暴力の現場の声を届けました。


[参考人質疑の様子]
※左のカレンダーで「6月16日」をクリック、新たに表示される画面で「法務委員会」「2017年6月...

June 19, 2017

Japan Timesが、ビリーブ・キャンペーンを取り上げてくださいました!

記事は、こちらから

- - -

Diet makes historic revision to century-old sex-crime laws

BY TOMOHIRO OSAKI

STAFF WRITER

JUN 16, 2017

Japan revised its sex crime laws for the first time in more than a century on Friday — a historic move that broadens...

June 19, 2017

朝日新聞が、ビリーブ・キャンペーンを取り上げてくださいました!

記事はこちらから

June 19, 2017

産經新聞がビリーブ・キャンペーンを取り上げてくださいました!

記事へのリンクはこちら

- - -

改正刑法、「歴史的瞬間」「大きな成果」

6/17(土) 7:55配信 産経新聞

 ■施行3年後に見直し 男性被害者の受け皿も必要

 性犯罪を厳罰化する改正刑法が16日、成立した。約110年ぶりとなる大幅見直しの実現に、被害者らからは評価の一方、課題を指摘する声も上がった。

 「歴史的瞬間に立ち会えたことをうれしく思います」。「性暴力と刑法を考える当事者の会」代表、山本潤さん(43)が「大きな成果」と話すのは、付則に施行3年後の見直し規定が盛り込まれ...

June 19, 2017

東京新聞が、ビリーブ・キャンペーンを取り上げてくださいました!

記事へのリンクはこちら

- - -

性犯罪、法定刑引き上げ 改正刑法が成立 厳罰化へ

2017年6月17日 朝刊

 性犯罪を厳罰化する改正刑法は十六日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。強姦(ごうかん)罪の法定刑引き上げや、起訴するのに被害者の告訴が必要となる「親告罪」規定の削除が柱。性犯罪に関する刑法の大幅改正は、明治時代の制定以来約百十年ぶり。被害者らが実態に即した法改正を求めていた。七月十三日に施行される見通し。

 与党は慣例に反し、改正刑法より二週間遅く国会に提出...

June 19, 2017

テレビ朝日が、6月17日の記者会見の様子を取り上げてくださいました!

記事へのリンクはこちら

- - -

“性犯罪”刑法改正も 「課題はまだ残されている」(2017/06/17 05:46)

性犯罪の厳罰化を盛り込んだ改正刑法の成立を受け、被害者らは一定の評価をする一方、「課題はまだ残されている」と訴えました。

 改正刑法では「強姦(ごうかん)罪」の名称を「強制性交等罪」に変更し、男性も被害の対象になります。また、法定刑の下限が懲役3年以上から5年以上に引き上げられ、被害者の告訴がなくても起訴できるようになりました。
 性暴力と刑法を考...

June 17, 2017

刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトと当団体によるビリーブ・キャンペーンは、2016年9月から活動を開始し、通常国会が終わる2017年6月で活動終了する予定で始まりました。

今回、改正後3年を目途とした見直しが附則になり、暴行脅迫要件への配慮などが附帯決議に入るなど、改正案に多数の要望が反映されました。

また、東京大学、創価大学や社会人向けにキャンパスレイプを防ぐための同意ワークショップを展開し、性暴力を取り巻く社会の意識や文化を変える基盤ができて来ました。

今後は各団体による活動を中心にしつつも、刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトとして団...

June 17, 2017

6月16日の参議院法務委員会に、プロジェクトメンバーである山本潤が参考人招致されました。

会期末が迫り改正が危ぶまれる中、

「なんとしでも今国会で改正案を成立してほしい」

と、性虐待被害当事者の生の声を、政治の意思決定の場で国会議員らに訴えました。

審議の場では、約15分程度のスピーチの後、数名の議員から質疑が行われました。

この様子はインターネットで生中継され、この場に来られなかった多くの支援者が、全国各地で心を一つにしてその様子を見守りました。

今回この場に来ることができたプロジェクトメンバーらは、参議院法務委員会における採決までを傍聴し、...

June 14, 2017

民進党・石橋通宏  参議院議員 とお会いしてきました。 

http://www.i484.jp

私たちの要望をお伝えし、

刑法性犯罪改正案の内容が、

もっと私たち国民の意に沿ったものになるよう、 

国会議員らに陳情しております。 

また、それに対して意見を頂くことで、 

今後の活動に活かしています! 

国民の声を政治に届ける「ロビィング活動 」 

面会させて頂いた報告を、順次していきます。

★私たちの想いを伝える「ロビイング活動」の詳細については、こちらをご覧ください。

★ロビイング活動の報告記事一覧は、こちらをご覧ください。

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square